おしらせ

ぱられる教室、及びBergamod Nancysの活動は終了いたしました。事実上の解散という運びになりました事をお伝えします。

かれこれ我々は5年という活動の中、たくさんの人達と出会い感動を共にしてきました。ファンの方々が一番悲しく思うだろうと思います。それぞれのお互いの中に何か許せない部分と不安が混同してしまった結果なのだと思います。私にはよくわかりませんでした。自分以外のメンバーの者達や周りにいる人脈という存在が全員敵にしか見えませんでした。しかし、軽率な言動や行動で私以外のメンバーを傷付けてしまったことは深く反省するばかりです。もう一生、結成することも恐らく私自身、会う事も無いだろうと思います。それは単なる嫌いな部類に入れる事では無く、私自身、これは罰だと思ったからです。解散時の企画、一曲だけで帰った事、スタジオを放棄した事も全て私は計算では無く、私は絶望していたからです。結局、メンバーの者達から降りると言われ明日からの事をずっと考えていました。ここまでに至る経緯がもうよくわかりませんでした。よく、失ってから気づくものだなんておっしゃる方がいますが、気づかずに今に至ります。その答えは、誰も教えてはくれないし、話にもでません。私が悪かった、すみません、でも君たちもそうだろう?という言葉しか見当たりませんでした。 しかし、双方はどちらも正しいしどちらも悪いのが現実的な答えだと思いました。したがって、お互いの個性の反発と妬み、そして価値観のズレが全ての原因だと思います。それが私にはくだらなく、滑稽で不様な終焉だと言えます。解散しても尚、一生嫌われ、物笑いのネタにされるのがオチだと個人として感じています。それはもう仕方が無いし、そう。仕方ないんです。いろんな物に掻き回され、誰かは不自由も無く毎日を笑いながら過ごし、満たされた生活を送って、苦悩を学ばず、社会や歴史や音楽や人への恩恵を踏みにじりコツコツとこのインターネットの世界で膨大な文章の呪いをかけていることでしょう。それが、誰かなのは、私かもしれませんし、メンバーかもしれませんし、あなたかもしれません。そう。人間関係の柱なんて腐るものです。みんなで腐らせるから倒れるのです。ただ、この大不況の下でも尚、バンドを続ける輩達がまだまだいます。私や、メンバーや彼ら。お互いのプロセスは固まってきていたのかもしれません。末永く、私や、まんひぃ、ホットドックさいとう、酒井を暖かく見守ってやってください。きっと、彼らはこのバンドよりもかっこいいバンドを作ってファンの前に帰ってくることと思います。もちろん私も。最後に、本当に今まで関わってきた全ての人達や人脈や友達、メンバーにありがとう。それぞれの次のバンドの告知は一切しません。なぜなら、きっとこのバンドを好きだった人、好きな人は自力で調べてライブに足を運んでくれると思うからです。ありがとう、さようなら。

ぱられる教室、Bergamod Nancys、総帥

 

 

CONTACT  

inserted by FC2 system